令和4年度 北海道開発局i-Con奨励賞受賞(7月28日)

2022.08.02

石塚局長から吉田社長と担当技術者の土田健介が表彰状と記念バッチ授与

 北海道開発局は7月28日、札幌第1合同庁舎で2022年度北海道開発局i-Con奨励賞表彰式を行いました。弊社は帯広開発建設部発注の「帯広河川事務所管内樋門ゲート改良詳細設計業務」で受賞。石塚宗司開発局長から、吉田社長と担当技術者として土田健介 事業部課長補佐が表彰状記念バッチを受け取りました。

 この賞は、現場の生産性向上や建設業の魅力発信で他の模範となる工事・業務を表彰するもので、今回で3年目となります。

 石塚局長からは「激甚化する災害や人口減少などが進む中、地域の守り手として建設業の役割はますます重要になっています。本道のリーディングカンパニーとして引き続き力を貸して欲しい」とねぎらいの言葉をいただきました。

 弊社として初めてのi-Con奨励賞受賞について、土田課長補佐は「2カ所の樋門ゲートについてBIM/CIMモデルによる改良設計を行いました。弊社では以前からBIM/CIMへの取組を進めています。ミスマッチがなく、円滑な施工につながるよう、特に構造配筋の設計などに注意しながら作業を進めました。今後BIM/CIMの対象業務が増えることになると思いますが、そうした動きにしっかりと対応するためにも、今回の受賞は大変励みになるものです」と喜びを語っています。

 弊社としては、今回の受賞を機に、現場の生産性向上や建設業の魅力発信に努め、i-Constructionと建設DXの推進に努めていきたいと思っています。